菊

葬儀と遺品整理について|孤独死を迎えた故人の意思に沿う形を選ぼう

ろうそく

斎場とは

斎場では葬儀が行われるところである。また、斎場の大きさもそれぞれで、葬儀を行う際にかかる費用も変わってくる。さらに、生前に故人の好みで斎場選びをすることもできるので、費用や会場などを相談しておくと良いだろう。

葬儀とは

葬式

葬儀とは故人の別れを行う葬送の儀式のことである。これらは故人がなくなってから数日以内に行われるということが多く近親者に連絡をすることでその参列者をつのる。葬儀に出席するものは香典を持参し受付で遺族にわたしそれを持って弔意を表することとなる。遠方で出席できない近親者やあまり親しいもの出ない場合には弔電もしくは郵送にて香典が送られることもある。これらの儀式の次第は宗教あるいは地域によってかなりの違いがある。葬儀の方法として一番多い仏式の場合では斎場の仏式のホールにて行われることが多くその際に故人が信仰していた寺の僧侶を呼ぶこととなる。この際に読経をあげてもらうため僧侶にいくらか金銭を渡す必要がある。僧侶は通夜のみに来る場合もあれば告別式にも読経に来ることもある。故人が亡くなった後の葬儀は、義務付けられたものではない。事実身寄りが少ないものにおいては、遺体を24時間安置した後にそのまま荼毘に付すというケースも珍しくはない。また近年ではその葬送の方法として家族葬や近親者のみで執り行う個人葬なども主流になりつつあるため、故人を見送る方法としての葬儀にもかなりの種類がある。例えば、直葬、樹木葬である。近年、直葬や樹木葬を希望する人が増えている傾向にある。直葬は、一般葬と比較すると簡略された形式が特徴である。樹木葬は、自然葬の一種である。一般葬を終えた後に、埋葬して植樹などを行うのが、特徴である。より故人らしい葬儀の在り方を求める人が増えている昨今、直葬、樹木葬の需要は益々高まると予想される。

現代では、孤独死を迎えるという人も少なくはない。家族と離れて一人暮らしをしているという高齢者も多く、周囲に気付かれることなく孤独死を迎えてしまうというケースがある。遺族は、葬儀以外にも故人の遺品整理をしなくてはならない。私物はもちろん、家も関わってくる。持ち家なのか、賃貸なのかということでも、対応が変わってくるのだ。遺品整理業者に相談すると、どのような作業をしていいかわからない、という人でも安心だ。遺品整理をする際には、業者に依頼してみることをおすすめする。

線香と数珠

樹木葬とは

人間は自然から生まれたという思想から、樹木葬や海洋葬のような自然葬をする人たちが増えてきています。また、樹来葬では故人が好きだった花や木を墓石の代わりに立てることが可能です。

棺桶

個人に合わせる

仏教やキリスト教など、信条としている宗教によって葬儀の形式は異なります。そのため、家族葬だけ行なって後はお別れ会を開くというパターンも利用することができるのです。