葬儀

葬儀と遺品整理について|孤独死を迎えた故人の意思に沿う形を選ぼう

個人に合わせる

棺桶

家族葬という葬儀スタイル

葬儀と一口に言っても様々な形式があります。仏教・キリスト教などといった宗教によっても異なりますし、会葬者の人数によっても準備に違いが生じます。日本では仏教による葬儀が最も多く、故人や遺族の関係者が広く会葬する葬儀が一般葬と呼ばれます。それに対して、家族のみで執り行うような小規模での葬儀も存在します。それが家族葬です。 もともとはある葬儀社が使用した呼び名ですが、今では日本全国ほとんどの葬儀社が家族葬をとりあつかうようになりました。家族葬でいうところの家族に明確な定義はなく、家族をはじめ近い親族や親友など、親しい方のみで行う葬儀として、少人数向け葬儀プランを家族葬と呼ぶ葬儀社も多いものです。気兼ねなくゆったりとした気持ちで故人を見送りたいという方や人付き合いが少なく会葬者が少ないと予想される方にも向いています。

葬儀費用もおさえることが可能

家族葬を選択される方は近年増加傾向にあります。先述したように、精神的負担を軽減し、ゆったりとした気持ちで見送りたいという希望から家族葬を選択する方もいますが、近年では経済的理由を挙げる方が多いのも特徴のひとつです。家族葬は参列者が少ないため、返礼品や料理の数も少なく済みます。会場の広さも必要ありませんので、会場使用料も抑えられるのです。そのほか、祭壇や棺も質素なものにおさえるという方が多く、葬儀費用は安くまとまる傾向にあります。 また、葬儀社の用意する家族葬専用のプランが低価格をウリにしているということも大きく関係しています。近年では葬儀社による価格競争が進み、家族葬プランでは数十万円での葬儀を可能とするところも増えているのです。こうした価格競争は今後も進むとみられていて、さらに低価格での葬儀が可能となると予想されています。