葬儀

葬儀と遺品整理について|孤独死を迎えた故人の意思に沿う形を選ぼう

樹木葬とは

線香と数珠

樹木葬とは、遺骨を土の中に帰すという新しい形の葬送であり、海洋葬とともに自然葬の一つである。墓石の代わりに樹木もしくは花を植えるという特徴がある。最近は、一般葬のほかに家族葬、直葬などさまざまな葬儀が増えており、自然葬への関心も年々高まっている。特に、自然に帰りたいという願いから希望者は多いが、行政から許可された地域でしか行えず、他者の持ち物である山や土地に埋葬することは法律違反となるので、事前に調べる必要がある。樹木葬に関心を持つ人は増えているが、その理由はさまざまである。一つは、少子化が進んだことにより、墓石を建てても後継者がいないという問題のためである。自然葬ならば墓を管理する必要がない。また、樹木もしくは花の苗木なので高額な費用はかからず、墓石を建てるよりも安価であるという経済的な理由もある。さらに、故郷や思い出の土地で永眠したいという故人の希望や、生前に樹木や花を育てるのが好きだったことなども理由になっている。今後注目が集まっている樹木葬だが、実施できる地域は限られており、行政から許可を受けた場所でなければいけない。禁止区域で勝手に埋葬することは法律違反になる。現在は、樹木葬を行える寺院や霊園は一部であり、今後の需要を見込んで地方での開発が進んでおり、里山の景観を損なわないようにと慎重な対応が望まれている。事前に調べておくこと、決めておくことが幾つかあるので、希望する場合は寺院や葬祭場に相談して詳しい情報を得ることが重要である。