葬儀

葬儀と遺品整理について|孤独死を迎えた故人の意思に沿う形を選ぼう

斎場とは

ろうそく

斎場とは、葬儀が行われる施設の事を表す場合が多い。最近は、各葬儀会社で施設を所有しているのが普通である。形式も一般葬が減少し家族葬が増える中、斎場も大きな会場を所有する葬儀会社の数は減少し、小さい会場をメインにしている会社も多い。規模をどれくらいにするかによって使用する会場の大きさは変わってくるため、生前にある程度考えておくことが重要である。斎場を利用するためには当然費用がかかるが、会場の大きさによって費用は変わってくるのが一般的である。費用の内訳は会場費、光熱費、祭壇料などがメインで、費用を考える場合にはこの3つを抑えておく必要がある。現在は生前に見積りを取ってもらうことも可能であり、ある程度予算を決めておきたい場合には見積りを依頼するのが最適である。あまり葬儀の準備はしたくないと言う方も多いが、突然行われる場合が多いため、事前の準備は必要である。斎場の種類について斎場にはいくつかの種類が存在する。葬儀会社が所有している会場はもちろんの事、寺院や教会なども斎場に含まれる。どれを選択するかは人それぞれだが、一般的には会社の所有している会場を利用する場合が多い。会場を使用するための費用は、会場の大きさや会社によって異なる。小規模の会場であれば費用も安いため、一般葬よりも家族葬の方が費用を安く抑えられるイメージがあるが、実際には香典が少ない家族葬の方が費用がかかる場合が多いため、注意が必要である。